プライバシーポリシー – ゴルフ会員権の相場と売買なら日経ゴルフ

ゴルフ会員権の相場と売買は日経ゴルフ

日経ゴルフ 関東ゴルフ会員権取引協同組合加盟

ゴルフで日本を笑顔にする!
私たちはゴルフが大好きです。

お電話は0120-872-562

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー (個人情報保護法宣言)

日経ゴルフ(以下、当社)は個人情報を適正に取り扱うと共に安全管理について適切な措置を講じます。 お客様にインターネット上の当社ホームページおよび当社がご提供するサービスを安心してご利用いただくため、以下の方針により個人情報の保護に努めます。 また個人情報の取り扱いに関する、苦情・相談に迅速に対応し、当サイトの個人情報の取り扱いおよび安全管理に係る適切な措置については、適宜見直し、改善いたします。

個人情報の取得

当社は、お客様の個人情報を収集する際は、収集・利用・提供の目的を明示し、お客様の同意をいただいた上で、適法かつ、公正な方法により収集いたします。

個人情報の利用目的

収集した個人情報は主に以下のような目的に使用いたします。

  1. ゴルフ会員権 売買のため
  2. 賞品の発送など、ご利用時にお約束したサービスをご提供するため
  3. サービスの向上・充実をはかることを目的としたアンケートのため
  4. 損害保険およびこれに付帯・関連するサービスの提供

個人情報の管理

当社は取り扱う個人データの漏えい、滅失または、き損の防止その他の個人データの安全管理のため、安全管理に関する取扱規程などの整備および実施体制の整備など、十分なセキュリティ対策を講じると共に、 利用目的の達成に必要とされる正確性・最新性を確保するために適切な借置を講じています。

個人情報の第三者への提供

当社は個人データを第三者に提供するにあたり、以下の場合を除き、ご本人の同意なく第三者に提供しません。

  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  3. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  4. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務に支障を及ぼす恐れがあるとき

センシティブ情報の取扱い

当社は政治的見解、信教(宗教、宗教および信条を言います)、労働組合への加盟、人種および民族、門地および本拠地、保険医療および性生活ならびに犯罪歴に関する個人情報を、 次に掲げる場合を除くほか、取得、利用または第三者提供を行いません。

  1. 法令などに基づく場合
  2. 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合
  3. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のため特に必要がある場合
  4. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合

リンクについて

当サイトからリンクされている第三者企業が、お客様の情報を収集することがありますが、当社では第三者企業が収集する個人情報に関しては一切責任を負えません。 詳細は、リンク先の第三者企業のプライバシーポリシーをご参照ください。

個人情報に関するお問合せ先

当社における個人情報保護に関するお問合せは、以下までご連絡ください。


会 社:株式会社日経ゴルフ
住 所:〒135-0016 東京都江東区東陽3-23-24 VORT東陽町ビル7階A号室
電 話:03-5675-1255
メール :ask@1net.co.jp

金融商品の販売に関して(勧誘方針)

適切な商品のご案内と分かりやすい説明に努めます

  • お客様の商品に関する知識、ご経験、ご購入目的、財産の状況などに留意し、 商品内容やリスク内容などについて十分ご理解いただけるように、 適切なご説 明を心がけるとともに、お客様のご意向と実情に適った商品のご案内に努めてまいります。
  • お客様からの信頼を第一義とし、重要な事項を告げなかったり、不確実な事項 について断定的な説明をするなど、お客様のご判断を誤らせるようなご案内は行いません。

商品のご案内はお客様の立場に立って行います

  • 商品のご案内にあたりましては、お客様にとってご迷惑とならない時間帯・場所・方法により、適切に行うよう努めてまいります。

お客様の満足を追求いたします

  • お客様のご意見などを商品の反映していくように努めてまいります。
  • 万が一保険事故が発生した場合におきましては、保険金のお支払い手続にあたり、迅速かつ的確に対応するように努めてまいります。
  • お客様に対する適正な金融商品の販売を確保するため、関係法令や商品に関する知識の習得に努めてまいります。