『会員権相場はこれからどうなる』 – ゴルフ会員権の相場と売買なら日経ゴルフ

ゴルフ会員権の相場と売買は日経ゴルフ

日経ゴルフ 関東ゴルフ会員権取引協同組合加盟

ゴルフで日本を笑顔にする!
私たちはゴルフが大好きです。

お電話は0120-872-562

日刊ゲンダイ

『会員権相場はこれからどうなる』

『会員権相場はこれからどうなる』
2014年1月30日発行

『質問』
子育てが一段落したので、そろそろ大好きなゴルフを楽しむために会員権を買いたいと思います。
3月末で廃止される「ゴルフ会員権の売却損 所得控除」で会員権相場がどうなるのか、気がかりです。

『回答』
所得控除が廃止されることで、昨年末から売却希望の問い合わせが数多く寄せられています。
ゴルフ場によって状況は異なりますが、全体的な傾向としては売却希望者が多くなっています。
今後は、市場に会員権が多く出回ることで3月までに相場は下がるでしょう。
また4月からの消費税アップで購入を控える動きが広がり、一時的に相場は下がりますが、今年の夏以降、持ち直すのではないかと予測しています。

会員権の購入を検討されている方は、夏頃までが買いのタイミングだと思います。
というのもすでに都心に近いコースなどでは、入会希望者が増えています。
人気の高いコースとは経営が安定し、1人でも利用しやすいこと。
またメンバー重視でコースが魅力的、アクセスが良いなど、総合的に条件がそろっているゴルフ場です。

その中でも一番重視されるのが、アクセスです。
新たな高速道路の開通などでアクセスが良くなり、新IC付近のコースに関しての相談が増えています。
アクアラインからつながる千葉県の圏央道沿道付近はもちろん、今年度中に開通予定の茨城県つくば市と千葉県成田市を結ぶ圏央道沿道上のゴルフ場にも注目です。
千葉県北西部や埼玉県東部に在住の方にとっては便利ですからね。
利便性が向上したことで、ゲスト料金を値上げするコースも増えていて、メンバー料金との差が広がればさらに会員権の価値も高まります。

また、最近は車ではなく、電車を利用してメンバーライフを楽しみたいと言うゴルファーが多くなりました。
ガソリンの値上がりが続いていること、あるいは交通渋滞や飲酒に対する考え方の変化が、その背景にあると考えられます。

今後の注目すべきスポットは、茨城県南部と電車での利便性が高いゴルフ場です。
次回は、その中でもオススメのゴルフ場を紹介します。