『最近注目のゴルフ場』 – ゴルフ会員権の相場と売買なら日経ゴルフ

ゴルフ会員権の相場と売買は日経ゴルフ

日経ゴルフ 関東ゴルフ会員権取引協同組合加盟

ゴルフで日本を笑顔にする!
私たちはゴルフが大好きです。

お電話は0120-872-562

日刊ゲンダイ

『最近注目のゴルフ場』

『最近注目のゴルフ場』
2013年9月5日発行

『質問』
来年の3月で定年退職します。退職後はのんびりゴルフを楽しもうと思っています。
ゴルフ会員権の購入を考えているのですが、どんなことに注意したらいいのですか?
また、最近注目のゴルフ場はどこですか?

『回答』
ひと昔前と比べて会員権の相場が下がり、お買い得感が出ています。
とはいえ、決して安い買い物ではありません。
会員権購入は倒産や経営譲渡など、当然、リスクもあります。
無用なトラブルを避けるためにも、信用できる会員権業者にまず相談した方がいいでしょう。

会員権を選ぶ際はアクセスも大事なポイントになります。
せっかくメンバーになったのに、遠いゴルフ場ではちょっと考えものです。
千葉県では4月に圏央道の木更津から東金間が開通したことで、各インターから10キロ圏内のゴルフ場約30カ所の利用者が20~30%増えました。

中でも市原鶴舞IC界隈のゴルフ場が、いま人気を集めています。
例えば鶴舞カントリー倶楽部は、12年12月1日から304万円で特別縁故募集を開始しました。
当初は50口の募集でしたが、これが好評で定員を100口に倍増しました。
アベノミクスの影響で会員権相場が全体的に上昇する中、今年4月に325万円で一般募集をしたところ、募集金額が比較的安価に感じられ、購入希望者が増加しました。
現在、426万円(50口)で募集を再開しましたが、前回と比べ100万円程度高くなったことで、購入希望者が今後の名義書き換えと比較し足踏み状態が続いています。

そこで今オススメのゴルフ場は米原ゴルフ倶楽部(写真)です。
通常、1コースあたり会員数1200人というのが理想的な経営ですが、米原は現在、メンバー数が約300人で、最終的に800人まで募集する予定です。
これから入会される会員でつくり上げていくゴルフ場ですから、堅苦しさは感じられません。
池を配した絶妙なレイアウトと丁寧なメンテナンス、充実した施設と満足できる内容です。
今後、アプローチ練習場の拡大を検討しており、これも魅力のひとつです。

アクセスは市原鶴舞ICから約6・5キロ、約8分と、都内からだけでなく、川崎、横浜方面から利用しやすい。
メンバー特典に、姉妹コースである千葉夷隅ゴルフクラブの優待料金制度(平日はメンバー料金となります)があります。
コースレイアウト、メンテナンスの評価が高く、キャディーを含めての接客に関しては日本一のゴルフ場です(週刊パーゴルフで12年連続)。
その他、家族優待制度、グランドシニアプレミアム会員制度(終身会員制度)などを実施していて、現在の募集金額は計150万円(入会金65万円、入会保証金85万円)ですから、かなりのお手頃感があります。