『100万円以下のおすすめコースはココだ』 – ゴルフ会員権の相場と売買なら日経ゴルフ

ゴルフ会員権の相場と売買は日経ゴルフ

日経ゴルフ 関東ゴルフ会員権取引協同組合加盟

ゴルフで日本を笑顔にする!
私たちはゴルフが大好きです。

お電話は0120-872-562

日刊ゲンダイ

『100万円以下のおすすめコースはココだ』

『100万円以下のおすすめコースはココだ』
2013年10月31日発行

『質問』
100万円以下で会員権購入を検討しています。おすすめのゴルフ場を教えてください。

『回答』
総額100万円以内の予算でゴルフ会員権を購入する場合、アレも欲しい、コレもしたいなどリクエストが多くなると、希望に見合うゴルフ場はなかなか見つかりません。
まずは何を優先するのか、絞り込んでください。

会員数が多くてもメンバー稼動率が高いところでは、平日に1人で行ってもメンバーと一緒にプレーできます。
また都内からちょっと足を伸ばせば、素晴らしいコースがいくつもあります。
そこで100万円以下で購入できる、おすすめのゴルフ場(一部)をまとめました。

一の宮CCは、名義書換料が通常25万円ですが、4名以上の同時入会で20万円となります。友人と一緒に入会し、グループで気楽にプレーするにはピッタリです。
また東京五日市CCは上級者が多く、クラブ競技のレベルも高いので競技ゴルフを目指すには最適です。
GMG八王子Gはメンバーの稼動率が高いので、平日に1人で組み合せしてラウンドしたい人向け。
香取CCは佐原香取ICから3分と交通至便。時間を考えてゴルフを楽しみたい方には、うれしい立地です。

一般的には他のゴルフ場と比較して、ひとつでも条件が悪かったりすると、皆さん敬遠しがちです。
ということは、逆にその一点さえ気にならないようであれば選択肢は大幅に広がり、価格もガクンと下がります。
ゴルフ場にはそれぞれ特色や違いがあるように、メンバーも千差万別。居住地域や交通手段、ゴルフスタイル、レベルや好み、楽しみ方が違います。

例えば、毎年「日本ゴルフツアー選手権」が行われる宍戸ヒルズCCは国内でも有数の難コースです。都心からは距離がありますが、常磐道や北関東自動車道沿線にお住まいの方には便利。総額100万円で、誰もが知っている名門コースのメンバーになれるのです。
長太郎CCはメンバー専用のアプローチ練習場があり、しっかり整備された環境で上達を目指す方におすすめです。
大多喜城GCは、メンバー料金もパスポート価格になっていて、セルフプレー、朝食バイキング、昼食・昼ドリンク、売店ドリンク(2回)がついて8000円弱と破格のメンバー料金です。思う存分施設を利用でき、1回のラウンド費用を抑えたい方にはうってつけです。